a:link {https://www.myfxbook.com/portfolio/kknokouzadesu/281476 color : #f60; /*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットティッシュと人間の普遍性について


花粉症だ。10年以上花粉症だ。よってこの時期、駅で配布されるティッシュというティッシュは

貰い続けている。昔は消費者金融のティシュが一番多かった気がするが、時代の移り変わりなのだろう。

最近ではパチンコ屋、出会い系のものが多い。

そんな数多くのポケットティッシュをテーブルの上に置いておいた事が良くなかったようだ。

明らかにそれ系の女性写真が大きく掲載されているポケットティッシュを長女に見つかった。

長女はポケットティッシュを手に取るとまじまじと観察して言った。

「パパはこういう女の人が好きなの?」

あまりに突然で本当に焦る。こちらには何の下心も無い。

そもそもそれが出会い系なのかパチンコ屋のものかも分からない

正直歳とってから、そういうのパパおなか一杯だ。

が、焦った。

妻にモンハンキークエと装備スキル一覧の紙をスーツの内ポケットから取り出され、

「キャバクラの名刺の方が何ぼか健全じゃボケェ!」と言われたた時ぐらい焦った。

「な、何いってんだよ。馬鹿だなぁ。○○(長女)の方が全然好きだよ。

こういう女の人はほら、パパ全然好きじゃない。ほらなんか髪の毛の色変だし。ぼさぼさだし。

爪なんてほら、もうなんか人間のものじゃないよね。本当だよ。本当。ねぇ信じてよ。」

何やら言えば言うほど土壺にはまる。いつものあのパターンだ。

歳をとってもここらへんが全く成長しない。

泰然と構えていたいものであるが実際に身に覚えのない事で疑われる事にいつまでたっても慣れない。

長女からするとポケットティッシュというものはお気に入りの小道具で好きなキャラクターもの

(サンリオ系、ポケモン系)を持つのが当たり前のようなのである。

疑うとか焦る方がお門違いというものだった。

あと15秒あれば

「あ、それ外でただで配ってる物を貰っただけだよ。そんな女の人の写真あったんだぁ。

お店が広告の為に無料で配っているんだよ。」と言えたと思う。

歳を取って慌てるような事が無くなってきた昨今、成長しない点はとことん成長しないもんだな。

と再認識した1日であった。


孔明スタビリティシステムは稼働していると思うが3日程西へ旅に出る。

その間は何があっても触れない。というか見る事すらできない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kk 

Author:kk 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お名前.com