a:link {https://www.myfxbook.com/portfolio/kknokouzadesu/281476 color : #f60; /*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システムとレーダー日記② ~俺とFX孔明スタビリティシステム 勝利への軌跡~

FXDDへ即入金するとフォワードテストがおろそかになる。

つーか怖い。と言う事で

海外送金をネットできるサービスを自分の金融機関に申し込んだ。このサービス開始に

2週間ほどかかるというのでちょうどよい頭の冷却期間としてデモ口座での運用を

ゆっくり見てゆこうと思う。

早速先日、ナンピン1回目が行われた。値が滑ったのかわからないが買値の64銭程下で2回目の

ナンピンが行われ、指値は(1回目の買値+2回目の買値)÷2-5銭 ぐらいの値となっている。

今のところ派手さが全くないので、好感が持てる。

ところで、取らぬ狸のなんとやらだが、孔明スタビリティシステムではエントリのタイミングに

よって同じような動きにはならないらしい。

(全部のシステムそうだよ!といわれるかもしれないが上手く説明できないので

各自で消化してほしい。というかお願いします。というか、誰か上手く説明できれば教えてください)

よって先日も記載したが、複利を考えた際、単に同じ口座でロット数をあげるより、別口座にて運用を

行う方が全滅を免れる可能性が高くなると推測する。

それはさておき、ポートフォリオなんて生意気な事を言うつもりはないが、リスクヘッジはしておきたい。

ナンピン系のヘッジとして有効なのはやはりトレンドフォロー型なんであろう。

じゃートレンドフォロー型EAを並行して・・・

だがちょっと待って欲しい。孔明スタビリティシステムでのリスクヘッジは孔明じゃね?

片方の軸の口座がSから入ったら片方はLから入る迄、手動で・・・

既にシステムじゃないし。

今回は自宅のマシン運用という事で裁量が入る余地が無い事には自信がある。敢えてリモートもしない。

ひまわりエコトレでの教訓が役に立つ。

そんなこんなで、FX孔明スタビリティシステムだが今のところ+160円。含み損は630円ぐらい。

まぁトルコポジに比べればなんてことはない。というか、デモ口座なので、今のうちに8回ナンピンとか

に挑戦してほしいところだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

> 孔明スタビリティシステムではエントリのタイミングによって同じような動きにはならないらしい。

最初のポジションを取るタイミングが「始めた時期(たぶん日)によって異なる」からですよね。
15分足で何らかのテクニカルでエントリーするらしい。
15分足だし多分1日に最低1回はエントリー機会があるだろう。
だから、今日始めた君と明日始めるあなたでは最初のポジションの建値が違うはず。

そしてナンピンは建値に対して○pipsで機械的に行われるので、最初のポジションが違えばその後のナンピンタイミングや決済タイミングも全て違うってこと。

ということは、ダブル孔明、トリプル孔明でいくならスタート日を少しづつずらすことでささやかなリスク分散にはなるのかもしれない。

そういう事が言いたかった。
だが、どこかのタイミングで同じエントリにならないとも限らない。
そこを手動でって… って、ささやか 言うな。
複数持って常に逆ポジとってりゃいいんだがなぁ。

というか、観察してるが物凄い地味な展開。
プロフィール

kk 

Author:kk 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お名前.com