a:link {https://www.myfxbook.com/portfolio/kknokouzadesu/281476 color : #f60; /*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マチェーテ

セガールが西にいるといえば西に行き、東にいるといえば東に、
いいえ、セガールはあなたの心の中にいるんです。
ということでB級映画研究会。行って参りました。マチェーテ。
この映画、どこから話せばいいのかわからない。

とりあえずあらすじ。

メキシコの連邦捜査官のマチェーテは、マチェーテを愛用して犯罪者を狩る凄腕の男だった。
だが、その強い正義感ゆえに麻薬王トーレスと衝突し、妻娘を惨殺される。
それから3年後、マチェーテはアメリカテキサスで不法移民の日雇い労働者をしていた。
ある日、マチェーテはブースという男から不法移民嫌いで知られるマクラフリン議員の暗殺を依頼される。

主役のダニートレホさん。この人の面相がまず凄い。半端無い。デスペラード時代からの付き合いだが
私の中で大好きなフロムダスクでも出ていたので、あ、この人ね。主役ねぇ…という感想。
どうもこの人はタランティーノの映画のイメージが強い。
何もイメージできない人は悪役商会でドラマや映画で結構ちょこちょこ出てる人。
とイメージして頂ければ間違いない。まぁそんな人が主役だ。
実際に薬で服役してたみたいでキャリアも十分。迫力はあった。

さらに、あの刑事ドラマ マイアミバイス(たしか、俺がハマーだ。の前にやってたような)
ソニークロケット役、怒れドンジョンソン!でお馴染みの彼がテキサス一の殺し屋役で登場していた。
しかしまぁ、これぞB級といわんばかりの中途半端な役っぷりで最高だった。

それからこの映画、とんでもない人が出演している。

なんと!ロバートデニーロさんが出演しているのだ。

なぜだ?何故なんだでにろー。なぜこんなチープな作品に?上等な料理にハチミツを・・・
否、ジャンクフードに超高級なメイプルシロップをかけるが如き行い
いや、本当に有難うございます。僕正直、そっくりさんかと思ってました。

で、実際の映画の内容だが、これも又凄かった。

1.主役がモテモテ
2.撃たれてもすぐ直る
3.乱戦の中でも登場人物すべてがそこそこの余裕を持っている
4.セガールがドラム缶2本を縦に並べたような体型になっていた
5.セガールがZANGEKIの時よりたくさんしゃべっていた
6.セガールが相変わらずの人民服みたいの着てる
7.セガールがテレビ電話してた。
8.セガールが
9.セガールが

ちなみにこの映画で一番驚愕したのは、映画終了後、映画館の係員が館内に入ってくるや否や

「このえいがーパンフレットの製作はーしておりませーーん。ご了承くださいますようおねがいしまーす」

という一言だった。パンフすらねーのかよ…と思った。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kk 

Author:kk 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お名前.com