a:link {https://www.myfxbook.com/portfolio/kknokouzadesu/281476 color : #f60; /*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺と米 ②

企画を通す為なら鬼にでもなるこの俺が、たかだか主婦風情にこの企画を潰される訳など無い。
白、黒つけるなど所詮若造のやること。大人は白黒などつけない。ここはグレー・・・
グレーのまま突き進む。そして既成事実を作ってさえしまえば・・・
お前をこの組織から孤立される事などこの俺の力をもってすれば他愛も無い。
ずるい汚いなぞ敗者の戯言!これが大人のやり方なのだ。お前の敗因は俺を本気にさせた事だ!

想像の中の自分は強い。
イメージトレーニングを終えた後、RPP実施に向け、
組織内の根回しが強く必要と感じた僕は早速行動に移した。

「このお煎餅おいしいね。ところでお煎餅ってお米からできているんだよ。」 
僕は上の娘にいいました。

「しってるよ。」

思いの他、そっけなく軽くダメージを受けたがここで引く訳にはいかない。

「そんな素敵なお米が、ずーーっとに手に入るとうれしいよね。
お煎餅だけじゃなくおはぎや焼きおにぎりも食べ放題になるかもよぉー」

「へーそう。いいね。」

クールだね長女。クールだよ。
もうちょっとなんか、こう。まぁいいや。いや、いいのかな。

「ところで次女、次女はどんなお煎餅系、又はお米系お菓子が好きかな?」

「イチゴとあたりめ」

組織内の根回しにも思いのほか時間がかかりそうだ。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kk 

Author:kk 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お名前.com