a:link {https://www.myfxbook.com/portfolio/kknokouzadesu/281476 color : #f60; /*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アフェリエイト その2

「アフェリエイト貼れよ。」
知人に言われた。

確かに以前に本ブログでも頑張ってアフェリエイト(敢えてアフェリエイト)貼る。

と宣言したもののやはり面倒くさくてやっていない。

なんだろう。なんで全てがこんなに面倒くさいのだろう。

このブログの記載についてだが実は今年から毎日更新する。と心に決めていた。

しかし実際には更新不定期だ。これでもかなり頑張っているほうだ。

「めんどくせぇ。めんどくせぇ。息をするのも、めんどくせぇ。」
ハート様は言いました。

随分と時は経ったが彼の気持ちがなんとなく今なら分かる。

わかるよ。わかるよ。ハート様。今の僕なら君のよき理解者になれると思うんだ。

めんどくさいよな実際。いろいろ。集計とか納期とか工数とか目標数字とか仕様とか月末とか。

ハート様まずは友達から始めよう。

で、思った。なんか病気なのだろうか。

一気に下がって-100ぐらい。

非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -970,083
決済手数料 -2,558
ポジション評価額 -972,641
口座残高 4,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,230,421
純資産 3,230,421
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,699,701
証拠金余力 1,530,720
ネット持高 14,166,750
証拠金比率 22.8%
証拠金使用率 53%

スポンサーサイト

ビックマック指数

「ビックマック指数で考えると1ドル79円が妥当ですね。」

偉い人が言いました。

しかしビックマック食べないのでよくわからない。

もうちょっと身近なもので指数にして欲しいと思った。

そしてビックマックよりも身近でグローバルで分かりやすいものを考えた。

ひとつだけあった。

「うまい棒指数」

アメリカで、うまい棒1本は0.1ドルで販売されています。

トルコで、うまい棒1本は0.1TRYで販売されています。

イギリスで、うまい棒1本は0.1ポンドで販売されています。

南アフリカで、うまい棒1本は100000ランドで販売されています。

わかりやすい。本当にわかりやすい。まるで固定相場だ。うまい棒ペッグ制。

いっそ通貨をやめて流通をうまい棒にしてみたらどうだろうか。

インフレになったら食べてしまえばいい。

世界各地でオイルうまい棒を巡る紛争が起きる。

フィスコの朝刊だって「世界最大級の債権投資家、米国ピムコがうまい棒の需給バランスについて…」

給料もうまい棒で…

いやもうやめよう。いつもの事だが時間と想像力の無駄だ。


マイナス60ぐらい。



非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -569,761
決済手数料 -2,583
ポジション評価額 -572,343
口座残高 4,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,630,719

純資産 3,630,719
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,735,505
証拠金余力 1,895,214
ネット持高 14,463,450
証拠金比率 25.1%
証拠金使用率 48%





為替予想

「1ドル100円は円高ではありません。」

偉い人が週間ダイヤモンドで言った。

1ドル100円は円高じゃないんだ。おもしろいと思った。この件は終わり。

それはさておき、為替予想をする人を雑誌とかでよく見る。

中の人の話だと3ヶ月、半年後の為替なんて

「そんなもん分かるわけねーじゃん。」

が実情らしい。でも雑誌とかの大人の都合上適当に無難なところを回答しているらしい。

自分も予想してみた。

2008年はサブプライムの影響による円高の影響を受け、輸出企業の減益が目立ちます。

年前半から後半にかけてドルは60円~140円 日経平均は7000円~18000円の間で動くでしょう。

それらしい文面ができた。

こんな感じのもうちょっとちゃんとしたのを有料情報として流してお金を貰う人と払う人がいるのだろう。

だからなんだ。 なんなんだ。書くことねぇなら無理に更新しなきゃいいじゃねぇか!

苛立ちが急遽襲う。違う。言いたいことはこんなことじゃないんだ。

結論として

「FXで破産する人が何故こんなに多いのだろうか?」 という件名のメールが配信され

「何故自分にこのメールが配信されるのであろうか?」と混乱しているのだ。

ちょっと戻しつつマイナス30ぐらい。

非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -288,940
決済手数料 -2,596
ポジション評価額 -291,536
口座残高 4,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,911,526
純資産 3,911,526
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,762,997
証拠金余力 2,148,529
ネット持高 14,692,650
証拠金比率 26.6%
証拠金使用率 45%
















スワップ派に関する考察(長文)

「スワップ派なんてゴミですよ。差益で吹き飛びますよ。幻想ですよ。もう撲滅ですよ。」

知人が言った。

大体、何をもってスワップ派というのかもわからないので考えてみた。

「スワップ派とは」でぐぐってみると適当なのがひっかかった。

基本コピペなんですが万が一面倒くさいことになると嫌なので適当なHPより意味はほとんどかえず一部表現のみ変え抜粋してみた。

例1
スワップ派とは高金利通貨を買って、スワップ収入で資産運用を目指す者たちのことである。日本の超低金利を逆に利用して、高い運用利回りを目指しますです。

例2
スワップ金利を狙って資産運用を目指す人たちのことをスワップ派といいますです。

例3
FXで金利スワップによる利益を目的とした取引をする人。

わかるよ。言ってることはわかる。でもなんだか感じる違和感。

スイングやってて含み損になったから放置してスワップ派なんて人も中にはいるであろう。
自分ですけど。

しかしながらターゲットを決めてそこに行ったら利益確定させるというのが本来、正当な投資スタイルのような気がする。運用資金を年間10%増やすとか。

そのターゲットに到達する際に結果としてスワップでなるのか為替差でなるかの違いではないのだろうか。

結局、結果でスワップ派か差益派に分かれるのではないだろうか。

スワップでターゲット値になりリカクしてプラスになった人はスワップ派。

差益でプラスになった人は非スワップ派なのであろうか?

ちなみに今日TRYが1000円になったらさすがに自分もポジション解除するであろう。

所詮自分はそんなもんだ。

 「1年以上プラススワップポジションを持てばスワップ派」
とかだとわかりやすいのに。
 
だからスワップ派を撲滅といってる人もいるがその人たちに聞きたいのはスワップ派の定義である。

自分はちょこまか取引するのが面倒くさい。よって買って放置。

マイナスでもプラスでも放置。まぁ原資の3~5倍ぐらいになったらリカク考えようかなぁという感じ。

又は別件でどうしても金が必要になったらリカク・ソンギリぐらいにしか考えてない。

営業数字でもあるまいし。急いでるものでもない。

で、もういっちょスワップ派について考えてみる。

ターゲット詳細を決めずプラススワップポジションを利益・損失ともに確定させず
一定期間以上放置させる投資スタイルを信条とする人々。

これがスワップ派か! 

これなのか。でもこれならなんかしっくりくる。

あ、すいません。自分、スワップ派でした。

皆が儲かるわけではないゼロサムゲームだから投資スタイルは人それぞれ。

いろいろあってよいのではないのだろうか。いいじゃないか。撲滅しなくても。

撲滅させたら相場の肥やしがなくなっちゃうよ。肥やしがなければ草木も育たないよ。

細々でいいから生きながらえさせて欲しいと思った。

マイナス40ぐらい。証拠金率変わって証拠金使用率が46%


非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -406,441
決済手数料 -2,596
ポジション評価額 -409,037
口座残高 4,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,794,025
純資産 3,794,025
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,742,005
証拠金余力 2,052,020
ネット持高 14,518,150
証拠金比率 26.1%
証拠金使用率 46%

オカルトシステム

「証拠金率を8%から12%にします。」

JNSはいいました。

これがチェンジザルールか。本来ならば「見てるだけ」なのだが今回ばかりはそうもいかない。

こっちもチェンジザルールでちょっとばかし入金した。

さて、前回、証拠金率上げた直後に大幅に値が変動した。

という事はSAXOの中の人たちはさらなる変動を予測している。という事なのか?

それとも証拠金率の上げと大きな変動とには、なんら関係はないのか?

これは何かのサインなのか? 

わからない。 

しかも調べて関係があるとどう証明するのか?

いろんな後付の理由つけてなんとなく関係があるみたいにはできるかもしれない。

でも3,4ヶ月に1回ぐらい暴落・暴騰はきてもおかしくはないだろう。

この考え自体ほぼオカルトの領域か?それともサインととるか?

とまぁ、まじめに考えたところで動かないから結果は一緒か。

オカルトといえば日経新聞等で記事になっているが外貨預金をする個人が増えているらしい。

これは例のオカルトフラグなのだろうか?

それとも泰然と構えレバをかけずに外貨預金をする個人投資家は強く賢いのだろうか。

外貨預金の手数料?そんなものは税金を考えれば飾りですよ。ぐらいな気持ちなのだろうか。

例のフラグと考えるならばドル円90円 トルコ円70円は覚悟しておいたほうがよさそうだ。

この結果も半年以内ぐらいにでるだろう。でも結局ヨコヨコかもしれないし。

なんにしてもなんか楽しいな。

マイナス50ぐらい。

非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -492,072
決済手数料 -2,588
ポジション評価額 -494,660
口座残高 4,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,708,402
純資産 3,708,402
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,156,631
証拠金余力 2,551,771
ネット持高 14,457,885
証拠金比率 25.6%
証拠金使用率 31%







JNSはいいました。

一生懸命ブログを書いたのです。
JNS証拠金率アップの。 でもなぜかきえてしまたのです。
長文だたです。もう一度同じようなアホな文章を書く気がしないのです。
とりあえず。比率あがるんで入金ちまちたです。
こぴぺもめんどくせぇです。マイナス60ぐらい。

ギッ、ギ、ギ、ギ、ギャーーーーーーーー!!!!

「開いた窓は埋まるもんだぜ」

知人が言った。

「おい、ysm、嘘じゃねーか!埋まりそうかコレ?あ?ぶっ壊れてんじゃねーのか、その窓。」 

失礼、あまりの下げでつい取り乱しました。

きっと埋まるんだ。そう。きっといつか。

ロードランナーが掘った穴みたいにきっと埋まるんだ。 

まぁ埋まらなくてもヨコヨコしててくれればいいや。

ところでユロアイがとんでもないことになっている。95円過ぎたら欲しいとか言っていたが、

現在117円だ。 100円ぐらいで手を出していたら即死してた。

要は素人なんだ。素人には素人なりの戦い方がある。

何度も自分に言い聞かせているはずだ。

「自分を信じない」を信じる。

今の自分は「まだ下がる。まずい。どこまで下がるかわからない。」 

と思っている。

さらに、周りの人間でLC死亡者が続出している。ふるい落としはそろそろ終わりかもしれない。

よって、そろそろ止まるだろう。

今の自分は「そろそろ下げ止まるだろう」 と思っている。

という事は、まだ下がる。まずい。どこまで下げるかわからない。

この思考ループを5分程続けた結果

「全然、わっかんねぇーなー。もういいや。とりあえず入金準備しとこ」 と思った。

マイナス116ぐらい。レバは7倍ぐらいまで跳ね上がった。

しかし、クイックでないと入金の仕方もわからないというのはどうかと思う。入金すら面倒くさい。


非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -1,167,927
決済手数料 -2,543
ポジション評価額 -1,170,470
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 2,032,592
純資産 2,032,592
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,124,485
証拠金余力 908,107
ネット持高 14,056,900
証拠金比率 14.5%
証拠金使用率 55%





誤差

「トルコで±5円は誤差だよ」

誰かが言った。

恐ろしい。確かに、円高にでも円安にでもなればいいと思ったさ。

でもね。もう少しね。時間をかけてね。

いや、もういいや。これがTRY。

「T・I・T」

+14ぐらい



非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 143,569
決済手数料 -2,644
ポジション評価額 140,925
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,343,987
純資産 3,343,987
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,225,898
証拠金余力 2,118,089
ネット持高 15,324,500
証拠金比率 21.8%
証拠金使用率 37%







今、円がトレンディ

「ギャーーー!ギャーーーー!ギャーーーーー!」

今回は心の中で思いました。 こ、今月さえ乗り切れば・・・ 

と言って死んでいった人間達は何人もいるのだろう。

しかしまぁ、よく儲け話もテレビとか雑誌とかに載ったら最後みたいな事がいわれているが今回は全く法則どおりになっている。

2007年6月ぐらいにFX始めて円Sから入った人は本当に恐ろしい目にあっているはずだ。
よく上昇トレンドとか、下降トレンドとか言われているが、今は円が上昇トレンドなんであろう。

今は円がトレンディ。

なんかいいなこれ。

ところで今は円がトレンディなのか?それはいったい本当なのか?
サブプライムとかモノラインとかトレンドとかリセッションとか平均線とかゴールデンクロスとか都合のいい言葉で又、又、又、又、騙されてしまうんじゃないか?

そうやって奴らは俺を振り回して手数料とスプと損切りで奪うつもりなのか!

今回ばかりはそうはいかないぜ!だって相場みてねぇしアプリすらたちあげねぇぜ!どうだ、バフェットさん風な知能指数160達よ。

と思ったが、もし彼らに倒されたら

「○○は仲間になりたそうにこちらを見ている」

的な行動にでようと思った。

ということで今回はこのブログの為にアプリを一応立ち上げました。
-50万ぐらい。
人は何故、含み益が有る時は相場をこまめにチェックするくせに含み損が大きくなるとアプリすら立ち上げなくなるのだろう。
次回はここらへんの心理を深く掘り下げてみようとも思った。






非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -476,272
決済手数料 -2,616
ポジション評価額 -478,888
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 2,724,174
純資産 2,724,174
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,188,436
証拠金余力 1,535,738
ネット持高 14,855,650
証拠金比率 18.3%
証拠金使用率 44%


ギャーーーーー!ギャーーーーー!!

「ギャーーー!!!ギャーーーーー!」

僕は言いました。

朝起きたらそりゃーびっくりしましたよ。

まぁいいや。

ところで「まぐれ」という本が非常におもしろい。

負けている人に勧めるより、いま勝ってまさに天狗になっている人に読むことを勧めようとおもった。

しかし、身の回りに勝ってる人間がいなかった・・・・


で、ポジションですが-50ぐらい。 

70円台になったら、ガードをおろして追加したい誘惑との戦いになりそうだ。



非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -488,871
決済手数料 -2,620
ポジション評価額 -491,491
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 2,711,571
純資産 2,711,571
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,195,346
証拠金余力 1,516,225
ネット持高 14,941,829
証拠金比率 18.1%
証拠金使用率 44%


LCについて

「とうとう僕、LC喰らっちゃいましたよー」

後輩が言った。

というより、最近身の回りでLCを喰らう人間を見る機会が増えた。

FX始めた当初は「いやー、怖いなー。でもLCって都市伝説だろ。」ぐらいにしか思っていなかった。

しかし最近、LCを人から告白される度に奇妙な感覚を覚える。

なんかこいつら、LC喰らって「おいしい」っておもってないか? 

LC喰らった事のある人間同士の会話が妙に弾んでいたりする。

そして結局

「FX何年もやってんのにまだ1回のLCも知らないの?こいつ、まだまだだな。」みたない空気になる。

久方ぶりに感情が甦る。なんだっけかこれ。そう、あれだ、嫉妬だ。これは。

身の回りのLC喰らった人間も賭けている金額が小額なんでたかが知れてる。そこからの余裕なんだろう。

最近、本ブログにやたらとLC、LCと書くのは潜在的に自分がLCを求めているのかもしれない。

でも本当になったら相当へこむ。誤発注の時でさえ最低2時間は後悔した。

しかし、LC喰らえば、経験者と共に

「いやーFXやるなら1回のLCぐらい経験してないとねぇ。やっぱり。君はまだ経験してないのかい?」とか

「○○さん、LC喰らって○○○万円損したんですって!すげー!」 みたない優越感に浸れる。

その感情「優越感」を金で買うということなのか。てことは感情は金で買えるのか?

否、金で買える感情も身近にある。ということか?

感情を固めてしまってから暫くたつので何がなにやら・・・

結論として、金は命より重いんですか?利根川さん。もういいや。

このような二律背反的な感情に戸惑いながら今月に入ってというより、

ここ最近、本業が多少忙しく全く取引していない。

円高にでも円安にでもなるがいいさ。ほんとはヨコヨコ希望だけど。

トルコはちょっと戻して+23ぐらい。さすがにスイトルはマイナス7万ぐらい。
カナトルとトルエンでカバー。知人にポジ内訳さらせ言われましたが、ポジ内訳コピーするとなんか口座情報とかいじらなきゃならないから面倒なんですよ。
全然ポジいじってないし。

カナトルS×3 1.286ぐらいで+16
スイトルS×2 1.124ぐらいで-7
トルエンL×12 84.56ぐらいで+14 

非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 234,711
決済手数料 -2,658
ポジション評価額 232,053
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,435,115
純資産 3,435,115
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,235,808
証拠金余力 2,199,307
ネット持高 15,450,750
証拠金比率 22.2%
証拠金使用率 36%

バフェットと僕 2

 「バフェットは為替じゃなくて主に株だよ。」

先日、知人に指摘された。

この虚無感はなんだろう。試合に勝って勝負に負けたような。

いずれにしてもバフェットには知能指数130以下の敵が倒されるのをここで待っている事を

覚えておいて欲しい。 

そうだ。LCになったら

「いやーバフェットがとうとうFX参戦か。いやー、やられたよ彼には。

あいつもなかなかやるよなぁ。次は負けないぞ」 的な負け惜しみを言おうと思った。


カナトルに助けられ+5ぐらい。


非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 50,657
決済手数料 -2,654
ポジション評価額 48,002
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,251,064
純資産 3,251,064
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,220,072
証拠金余力 2,030,992
ネット持高 15,252,400
証拠金比率 21.3%
証拠金使用率 38%


バフェットと僕

「投資とは、知能指数160の人間が130の人間を倒すゲームだからです。
合理的かどうかが問題です。」

バフェットは言いました。

知能指数の130が高いのか、160がどれだけ高いのかが分からない。
自分の知能指数がわからない。
 
 よって自分は130以下なのだろう。OK、バフェット。またひとつ理解したよ。

 という事は、知能指数が低い人間は知能指数160の人間に倒されなければ
負けではないと言う事だ。

あきらかに格上を相手に自分がギャンブルする時の戦い方は既に決まっている。
勝率は明らかに低い。それでも勝ちたい時には下記のようにしている。

1. 相手が明らかに格上だと素直に認める。決して自分が強いとは思わない。
2. 賭場で起こる全て出来事に罠が含まれている可能性がある事を理解する。
3. 1,2を受容した上でひとつの単純で効果的な基本的戦術を採用。
   その戦術にこだわる。愚直。ひたすら愚直。徹底した愚直。愚直を貫き通す。

負けない戦いは嫌いじゃないよ、バフェット。
君が知能指数130以下の僕をゲームの敵として認めたここからが本当の戦いだ。

 ただ、自分の知能指数が160以上あったら戦い方の前提が覆される。
LCくらったら、きっと自分の知能指数は160以上あったんだ。
そう考える事に今決めた。


先日、一時-20万になるものの、戻す。+15万ぐらい。


非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 145,938
決済手数料 -2,648
ポジション評価額 143,289
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,346,351
純資産 3,346,351
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,227,513
証拠金余力 2,118,839
ネット持高 15,344,900
証拠金比率 21.8%
証拠金使用率 37%

ギャーーーー

ランドは9円になるらしい・・・ 有料情報正しい。

おもしろいぐらい下がって-7万ぐらい。維持率39%
そろそろ入金か・・・ 
とおもいつつ、どうせスワップ逆転するまでもつんだから後5年ぐらい放置できるかと、楽観している。
果たしてこれがどうでるのか。歴史が証明する前にLCくらうか。



残高/ポジション状況 JPY
証拠金状況 JPY

非証拠金取引ポジション 0
損益評価額 -57,621
決済手数料 -2,648
ポジション評価額 -60,269
口座残高 3,203,062
未記帳の損益・手数料 0
純資産 3,142,793
純資産 3,142,793
その他の担保 0
証拠金に充当できない担保 0
必要証拠金 -1,219,134
証拠金余力 1,923,659
ネット持高 15,240,150
証拠金比率 20.6%
証拠金使用率 39%



プロフィール

kk 

Author:kk 

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
お名前.com